買取ノススメ

本を売るならどこ?1円でも高く本を売るために知っておきたい3つのこと!

 

リユース業が急速に伸びてきている昨今。もはや売れないものはないんじゃないか!?と疑いたくなるほど、何でも売れる時代になってきていますよね。

その中でも、かなり古参に分類されるのが「古本」。手軽に手放すことができるので、売却経験がある方も多いのではないでしょうか?

しかし納得のいく価格で売れたことのある方は意外にも多くはないのです。

そこで今回は、本を売る前に知っておきたい【1円でも高く本を売るために知っておきたい3つのこと!】をご紹介したいと思います!

 

自分で売る以上の方法はない!? 

先にこれを言ってしまうとこの記事に意味があるのかを自ら疑問視してしまいますが、ハッキリ言って自分で売るのが1番高く売る方法です。(大事なことなので先に書きましたが、ちゃんと高価買取の秘訣も紹介していますので最後までご覧くださいm(__)m)

それもそのはず。

古本を買い取っている業者も再販を目的として買取を行っていますので、自分で売った場合より買取価格の方が高いことはほぼありえません。

ですので、安値で買い叩かれるのが嫌な場合はフリマアプリやオークションでの売却が絶対に1番です!

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ
ヤフオク! 利用者数NO.1のオークション、フリマアプリ
ヤフオク! 利用者数NO.1のオークション、フリマアプリ
無料
posted with アプリーチ

しかし、中にはこんな方もいるでしょう。

 

「買い叩かれるのは嫌だけど、自分で売るのは面倒くさい!」

 

そんな欲張りさんにオススメしたいのがこちらです!

画像にはブランド品などが写っていますが、 本類の出品も代行してもらえます。

手数料も落札金額によって変動する仕組みとなっていますので、安値で買い叩く買取業者よりはるかに高値で売れる可能性がありますよ!

また、公式ホームページにて受取金額のシュミレーションもできるようになっていますので、事前に手数料が分かった上で利用するかを検討することが可能です!

大量に本がある方や、まとめていろんなものを処分したいという方にもオススメしたい売却方法のひとつですよ!

買取業者選びの重要性!

ここからは、「買取という選択肢を選んだ場合」の話となります。

まず声を大にしてお伝えしたいのが、1円でも高く売りたいのなら業者は慎重に選んで!ということですね。

どれだけ買取価格表で高価買取を謳っていても、そんなのはあてにならないことがありますし、専門知識の欠片もないような査定員を雇っている業者には十分注意して下さい。

実際に具体例を挙げて解説します。

つい先日、悪い口コミがとても多いとある店舗のホームページ上で「全巻300円買取!」と謳っているコチラの本を、その店舗を含む3つの店舗で査定依頼してきました。

 

結果から先にご紹介します。

まんだらけ:各巻200円
ブックオフ:各巻150円

それに対して、300円買取を謳っていた店舗はと言うと...。


各巻10円(笑)

 

なんと買取価格表の1/30でした。

理由を問うと、「高価買取対象でないライトノベルはこの程度です」とのこと。

「は!?この本、ホームページの価格表では300円買取になってましたけど?」と伝えると、「えっ?本当ですか?」と慌てて確認。

そして謝りもせずに300円買取に訂正される始末...。

 

これは私が事前に価格表を見ていたから防げたものの、何も知らずに持っていくと10円の査定結果が覆ることはなかったはずです。

ですので、業者を選ぶときには以下のことに十分に注意してください!

  • 買取価格は事前に調べておく
  • 悪い口コミは参考に!

以上のことを踏まえた上で、売る場所選びには慎重になってくださいね! (ちなみにこの店舗は、西日本を中心に展開している某リサイクルショップです)

価格をアップさせる秘訣!

古本の場合、状態でも極端に買取価格は異なってきます。

ですので最後に、査定前に必ず実施しておきたいポイントを2つに分けてご紹介します。

値段シールは必ず剥がす!

売却しようと思っている本が中古で購入した商品の場合、値段の付いたシールが裏表紙などに貼ってあるはずです。

これは査定前に必ず剥がすようにしましょう。

手でキレイに剥がせない場合、100均で売っているシール剥がしがとても便利です。

日焼けが酷い場合の対処法

ページ部分の日焼けは、マイナス査定となってしまう可能性が非常に高いです。

本を立てた状態の上部と下部の日焼けならば、紙やすりで優しくこすると日焼けした部分だけキレイに落とすことができますので、日焼けが酷い本の状態を良く見せたい場合は試してみるのも良いかもしれません。

※力加減で本にダメージを与える可能性もあるので、この方法を試した見る場合は自己責任でお願いします。

 

まとめ 

  • 少しでも高く売りたい!➡自分で売る
  • 自分で売るのは面倒!➡代行業者を使う
  • 業者選びは慎重に!
  • コンディションは良い状態で査定に臨む!

以上、【1円でも高く本を売るために知っておきたい3つのこと!】でした。